はむはむエンジニアぶろぐ

365日エンジニアリング

nginxからのレスポンスヘッダにHSTSをつける

HSTSとは、HTTP Strict Transport Securityの略。
これをヘッダにつけておくと、クライアントからのアクセスがhttpではなくhttpsになる。
つまり、サーバ側でhttpをリダイレクトしてhttpsにせずともクライアント側でhttpsにして返してくれる。
サーバのリダイレクト処理処理も減るし、http通信も減るし1石2鳥である。

続きを読む

nginxからのレスポンスにVary HTTPヘッダをつける

Vary HTTPヘッダは、スマホ向けコンテンツを扱っているサイトであれば効果を発揮するケースがあります。
今時、スマホ対応していないなんてことは殆どないと思うので、Vary HTTPヘッダを知っておいた方がよい。

続きを読む

採用ブランディングのノウハウを共有する【scouty × favy HR Meetup #2】に参加してきた

採用ブランディングのノウハウを共有する【scouty × favy HR Meetup #2】 に参加してきた。
エンジニアやデザイナの採用も行っているので、情報収集に参った。

続きを読む

UXトライアウト・2時間で学ぶアジャイルユーザーテストに参加してきた

UXトライアウト・2時間で学ぶアジャイルユーザーテスト に参加してきました。
blog枠なので、blogを書くのです。

ユーザーテストにおいて思考発話を促すのが大事だと学んだ。

UXデザインとユーザーテスト

UX=利用者の体験
利用時の体験ではない。

UXは利用前の予想を含む。
UXは、利用前後の心理変化や行動を含む。
=> SNSのシェアなど。

UXデザインは、UXを設計すること。
UXの良し悪しは使う人の主観なので、作りては使う人のことを深く知る必要がある。

ユーザテストとは、ユーザに製品を試用してもらい、その行動や発話を観察する。
開発者とユーザの常識は異なる。
量産してから勘違いに気づいても手遅れ。

短納期・低コストのユーザテスト手法が「アジャイルユーザテスト」

  • 外注せずに内製でテストする
  • テストの協力者は、開発者の人脈
  • 場所は会社の会議室など
  • チーム全員でユーザテストに参加して報告を簡単にする

<アジャイルユーザーテストの心得>

  • すぐにやる
  • 繰り返しやる
  • チームでやる

<アジャイルユーザテストの参加者>

  • 想定対象ユーザに近い属性の人
  • 同じ会社の違う部署の人
  • 友人など

<日程調整>

  • 協力者に合わせる
  • 開催日程が分散しても良い

<映像共有>

  • ユーザテストの映像と音声は必ず録画すること
  • 紙の報告だと必ず揉める

<実施>

  • 進行役は手助けしてはならない
  • 思考発話をお願いする
  • 事後インタビューをして、印象と満足度を聞く
  • 改善提案を聞く

思考発話とは、これから何をしようとしているのか、何に迷っているのか声を出しながら操作してもらうこと。

<分析・報告>

  • 画面ごとで、テストの協力者の発言や態度をメモに取る

「テスト駆動開発」読書会を開催した@盛り上がった

2017/10/14に出版された「テスト駆動開発」の読書会を開催しました。

TDDやテストのこと、TDDの歴史など議論が活発にできて、達人から初学者の方までいい議論ができたのではないかなと思います!
また、参加しますという声を頂いたので継続してやっていこうと思います。
TDD読書会vol1 資料

次回開催は2017/11/06(月)ですので、ご都合が合う方は是非、ご参加下さい(^^
前回参加されて無くても大歓迎です。
「テスト駆動開発」読書会 Vol.2

次回の開催スタイルは、 第5章 原則をあえて破るとき ~ 第8章 実装を隠す を事前に読んできて相談する感じで進めます。
議論多めにしたいので、普段のテストの相談も大歓迎です!