はむはむエンジニアぶろぐ

365日エンジニアリング

PHPのバージョン管理するphpenvをMacにインストール

f:id:secret_hamuhamu:20150404170600p:plain
phpenvをMac OS Xにインストールメモ。
PHPをインストールするためには、php-buildが必要なので合わせてメモ。

環境構成

phpenvインストール

phpenvをインストールするためのスクリプトをcloneしてくる。

$ git clone https://github.com/CHH/phpenv.git
$ ./phpenv/bin/phpenv-install.sh

すると、.phpenvというディレクトリが出来上がります。
phpenvをインストールするためのスクリプトを格納しているphpenvディレクトリは、削除しても構いません。

次にprofileに以下の2行を追加。

export PATH="$HOME/.phpenv/bin:$PATH"
eval "$(phpenv init -)"


phpenvのパスを通すためにprofileを読み込む。

$ source ~/.zprofile

php-buildインストール

php-buildは、.phpenv/pluginsにインストール。

$ git clone git://github.com/php-build/php-build.git $HOME/.phpenv/plugins/php-build

これで、PHPをインストールできるようになった。
せっかくなので、現時点で最新のPHPを確認しインストールする。

インストールできるPHP確認

$ phpenv install --list
# 省略
# 現時点で最新のPHP
 5.6.8

PHPバージョン5.6.8 インストール

$ phpenv install 5.6.8

インストールしようとしたらもろもろライブラリが足り無いと言われた。
必要に応じて、brew installしてください。

configure: error: jpeglib.h not found.
$ brew install libjpeg

configure: error: png.h not found.
$ brew install libpng

configure: error: mcrypt.h not found. Please reinstall libmcrypt.
$ brew install libmcrypt

インストールにとても時間が掛かるので、気長に待つ。
インストールが終わったら、rehashする。

$ phpenv rehash

phpenvでバージョン切替

phpenvコマンドの global もしくは local を使いバージョン変更をする。

$ phpenv global 5.6.8  # システム全体のPHPのバージョン変更
$ phpenv local 5.6.8   # ディレクトリ単位のPHPのバージョン変更

php -vで、バージョンが切替わったか確認をする。

$ php -v
PHP 5.6.8 (cli) (built: May  8 2015 00:57:01)
Copyright (c) 1997-2015 The PHP Group
Zend Engine v2.6.0, Copyright (c) 1998-2015 Zend Technologies
    with Zend OPcache v7.0.4-dev, Copyright (c) 1999-2015, by Zend Technologies

最近読んだ本

Laravelエキスパート養成読本[モダンな開発を実現するPHPフレームワーク!] (Software Design plus)

Laravelエキスパート養成読本[モダンな開発を実現するPHPフレームワーク!] (Software Design plus)

PHPサイバーテロの技法―攻撃と防御の実際

PHPサイバーテロの技法―攻撃と防御の実際