はむはむエンジニアぶろぐ

365日エンジニアリング

【書評】エンジニアがフリーランスで年収1000万円になるための稼ぎ方

フリーランスという働き方について情報が欲しい場合、おすすめの本です。
どんなところに気をつけるべきか落とし穴があるのかといったことをざっくり知ることができます。
読んで気になったポイントをまとめておく。

第1章 これがフリーランスの現実だ

リストラされる人が余っている会社、募集しているのに人が足りない会社

年収1000万円を達成できた秘訣は、自分のスキルが一番高く売れる新興マーケットに参入したかららしい。
新興であれば人が足りてない。

今だとIoTとかが単価高いのかな?

フリーランスでも常駐案件なら会社員と変わらない

常駐案件なら正社員と働き方は変わらない。

個人的に、常駐案件のメリットはいろんなプロジェクトを渡り歩けて刺激になることだと思う。
一緒に働いて楽しかったり学びになる人がいる環境であれば常駐でもよさそう。

人間関係のしがらみをどう考えるか

社内政治のごたごたや本来の業務に関係のない対応、長時間MTGなど人間関係周りの悩みはフリーランスになることで解消される可能性が高い。

大きい会社であればあるほど、めんどくさい文化やしきたりがあるよね。

フリーランスは経費を使って節税できるがやりすぎると・・・

フリーランスは個人事業主なので、自分で確定申告する。
経費の申請も自己申請である。
税金は収入から経費を差し引いた金額にかかるので、経費を多くすれば税金は安くなる。
交通費も経費にできるし仕事に使うツールも経費にできる。
ただし、やりすぎると所得が低いとみなされローンを組めなくなる。

この節は、面白かった。
自分は交通費にタクシーで豪遊するということはないけど、IDEのライセンス料は経費としてつかえるのは嬉しいかも。

第2章 地雷を踏んでわかった仕事を獲得する最良の方法とは

営業はうまくいかないし大変。
クラウドソーシングは地雷が多い。
エージェントが一番確実。

業務委託と業務請負の違い

委託は、エンジニアの労働料に対して報酬をもらう。
請負は、完成品を納品することで報酬をもらう。

委託は安定して報酬をもらえるが請負はシステムが完成するまで報酬をもらえない。
もし請負中にクライアントが倒産したら報酬が未回収になってしまう。
間にエージェントが入っていると補填がきくケースも有る。

第3章 最小限の労力で最大限の成果をもたらすエージェントの秘密

エージェントは味方になってくれるので、うまく協業すると好い。

いいエージェントを見つける

agentism(エージェントイズム) というサイトで調べるのがいいらしい。
いいエージェントを見つけるポイントがいくつか挙げられている。
まとめると、サイトをちゃんと運営しているか怪しくないかという臭いを感じるかどうか。
案件検索サービス以外のメディアを所持していれば、チェックをしたほうがよい。

第4章 良質な案件を効果的に獲得するコツ

案件サイトで案件探しを完結させるのではなく、必ずエージェントのもとに足を運ぶのが大事。
エージェントが、サイト上に持っていない情報を持っているので、いい案件を見極めるためにはエージェントの力を借りる。

全体を俯瞰して案件を調べたい場合は ITエンジニアの案件検索 エンジン オメガ・サーチ をつかうとよい。
各エージェントの案件を横串で検索できる。

エンジニアと企業の間にほかの仲介企業が入っている案件は仲介料を取られるし伝達が迅速ではなくなる、エンジニアと企業の間に仲介企業が入っていない案件が好ましい。

第5章 成功する商談の傾向と対策

スキルシートに使用経験言語やDBを書くが、バージョンまで書いてあると正確にスキルをアピールできる。
〇〇ができるという曖昧な回答ではなく具体性を持っていて想像しやすい回答をする。

確定申告の話

オススメの会計ソフトはfreee。
確定申告で注意すべき点は、税務署の受領印が押された控えをとっておくこと。
収入証明書の代わりになる。(クレジットの契約時などに必要)

経費の話

経費率が高ければ、税金は安くなる。
ただし、経費率を上げすぎると税務調査が入るかもしれないので50%以下に収めておけば恐らく大丈夫とのこと。

50%って相当高いと思うけど本当に大丈夫なのかな?

所得税と住民税の話

忘れずに払いましょう。
税金や社会保険について勉強しておく必要がある。