はむはむエンジニアぶろぐ

365日エンジニアリング

Laravel 5.4をHello Worldするまで

Laravelにチャレンジです。
Laravel 5.4をインストールして、コントローラ作ってHello Worldするまでやってみます。

Laravel 5.4をインストールする

$ composer create-project laravel/laravel {プロジェクト作成先のパス}プロジェクト名
$ composer create-project laravel/laravel ~/laravel_test

Installing laravel/laravel (v5.4.23)
  - Installing laravel/laravel (v5.4.23): Downloading (100%)
Created project in /Users/hamuhamu/laravel_test
> php -r "file_exists('.env') || copy('.env.example', '.env');"
Loading composer repositories with package information
Updating dependencies (including require-dev)
Package operations: 59 installs, 0 updates, 0 removals

laravel_testというディレクトリが出来上がった。

Laravelの起動

ディレクトリにartisanというファイルがあり、それを使用すると簡単にLaravelを起動できる。

$ php artisan serve
Laravel development server started: <http://127.0.0.1:8000>

http://127.0.0.1:8000 にアクセスするとLaravelが動作しているのを確認できる。

コントローラを作る

app/Http/Controllers/HelloWorldController.php をつくる。
コマンドから簡単に作れる。

$ php artisan make:controller HelloWorldController
// オートロードの設定
$ composer dump-autoload

出来上がった、app/Http/Controllers/HelloWorldController.php にgetIndexメソッドを生やした。

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Request;

class HelloWorldController extends Controller
{
    public function getIndex() {
        echo 'Hello World';
    }
}

コントローラの準備は以上。

ルーティングの設定

routes/web.php というファイルが存在するので、ルーティングの設定を追加する。

Route::get('/hello_world/index', 'HelloWorldController@getIndex');

ブラウザにアクセス!
http://127.0.0.1:8000/hello_world/index

Hello World と表示される。

参考書籍