はむはむエンジニアぶろぐ

365日エンジニアリング

Clean Architectureの1章(What Is Design and Architecture?)を読んだまとめ

Clean Architectureの1章(What Is Design and Architecture?)を読んだまとめ。
私なりの解釈が入っているので注意。


アーキテクチャとは

アーキテクチャとは、上位概念と下位概念を包含するものである。

  • 上位概念: 構造(家の形、外観、正面図、空間や部屋のレイアウト)
  • 下位概念: 詳細(排気口、ライトのスイッチ、ライトの配置)

上位概念の「構造」の決定するにあたり、下位概念の「詳細」の決定も必要になる。
上位概念と下位概念を、明確に区別することはできない。

ソフトウェアアーキテクチャの目的

「システムの構築・保守に必要な人的リソースを最小限に抑えること」

優れている設計は、システムのライフサイクル全体で人的リソースの消費を低く保っている。
悪い設計は、リリースするごとに人的リソースの消費が増え続ける。

悪い設計であれば、不具合が連鎖し生産性が低下する。

優れた設計にしていくためには

ソフトウェアアーキテクチャの品質と開発者が真剣に向き合う必要性がある。
それを欠いていては、再設計をしても悪い設計にしかならない。