はむはむエンジニアぶろぐ

プログラミングやファイナンスや健康や目標設定などを中心にブログを書いてます

はじめての資産運用のポートフォリオの組み方 & 育て方

ファイナンスの世界でのポートフォリオはどの金融商品をどのように組み合わせるかを指しています。

ポートフォリオとは、金融商品の組み合わせのことで、特に具体的な運用商品の詳細な組み合わせを指します。

参考: ポートフォリオ 初めてでもわかりやすい用語集 SMBC日興証券

それを図式化したものをよく円グラフで表現することが多いです。
「ポートフォリオ」「金融」で画像検索すればヒットします。
一つに傾いていなくて金融商品が分散されているのがわかります。
分散させることでリスク低減や安定したキャッシュフローを作ることができます。

はじめての資産運用でどのようにポートフォリオを組んで、それを育てていくか。
簡単にまとめてみた。

リスクとリターン

ポートフォリオを組むにあたり、金融商品の特徴を理解する必要があります。

投資を行わず投機一辺倒だとハイリスクで安定したキャッシュフローになりません。
「投資」と「投機」の違い

まずは、どの金融商品がどの程度リスクとリターンを持っているか把握することが大事です。

  • ハイリスク&リターン・・・FX, 仮想通貨, etc
  • ミドルリスク&リターン・・・株, 為替, etc
  • ローリスク&リターン・・・不動産, 債券, etc

ポートフォリオの育て方

基本はローリスク&リターンがメインになります。
ミドルやハイの割当が多いと安定したキャッシュフローにならず資産を形成することが難しいです。

ローリスク&リターンの金融商品で着実に資産を形成していきます。
そして、ローリスク&リターンで得た収入をミドルやハイに割り当てていきます。
そうすることで、資金が底をつくこと無く安定してお金を増やしていくことができます。

ローリスク&リターンによるキャッシュフローの資産形成は破産しないためのセーフティネットです。

以下は、ポートフォリオの育て方の例です。

ex) 最初のポートフォリオ

  • ローリスク&リターン・・・80%
  • ミドルリスク&リターン・・・17%
  • ハイリスク&リターン・・・3%

ex)資金に余裕があるポートフォリオ

  • ローリスク&リターン・・・50%
  • ミドルリスク&リターン・・・40%
  • ハイリスク&リターン・・・10%

参考書籍