はむはむエンジニアぶろぐ

このブログのコンセプトは"ハッキングの為なら愛する家族を傷つけることをいとわない" 自分にとってエンジニアリングは "手段ではなく生きる目的" である

iTerm2の起動が遅い場合の対策

この記事はzsh Advent Calendar 2015 - Qiita 21日目の記事です。
担当は@secret_hamuhamu です。

私のzshの起動が遅いので、zprofを使ったパフォーマンスチューニングのネタを投稿しようと思ってました。
しかし、プロファイリング結果、ボトルネックになっているのがzshではなくiTerm2だとわかりiTerm2の速度改善をネタにします。

zsh成分少なめですいませんm( )m

iTerm2が遅い原因

iTerm2を起動した時に、こんな画面出ますよね?

Last login: Sat Dec 19 16:16:21 on ttys000
You have mail.

/private/var/log/asl というところにMacOSがシステムログを書き出しています。
iTerm2起動時に、Last loginやmail有無を出力しています。

これが、iTerm2の起動が遅い原因です。

特に必要なければ無効化してしまいましょう。

iTerm2の「Profiles」->「Edit Profiles...」->「General」へ移動してください。
f:id:secret_hamuhamu:20151219170853p:plain


Commandの入力欄にシェルのパスを入力しSend text at startの入力欄に source $HOME/.zprofile を入力する。
何故、.zprofileをsourceする必要があるかというと、ログインシェルではなくインタラクティブシェルとして起動されるからのようである。
zshの設定ファイルの読み込み順序と使い方Tipsまとめ

参考

Macでターミナルの起動が遅い場合の対処法2個